学童保育方法

 大事なかわいい子どもを預ける時に仕事のために仕方がないというだけで預けはしませんね。保育園に預けるときもすごく悩んだのが、延長保育や夜間保育、保育園の雰囲気や場所などをすごく考慮したと思います。どうしても保育園に入れなくて託児所などのやむを得ない状況に至る人も多いはず。それだけに学童保育は保育園よりも狭き門となっていますので、選ぶ状況はないということです。
 そんな厳しい中でも、かわいいわが子が楽しいところで保育されてほしいと思い、まずは入所できる手段はと思いますよね。学童保育では新一年生などの年の若い子を優先するところがほとんどですので、まずは保育園から小学校へ上がってからの保育は問題ないそうです。あとは場所の問題や書類の不備や入所にあたっての手続きをきちんと踏まえていれば大丈夫でしょう。
 最近では市町村の学童保育だけでなく、民間による学童保育が需要のある都市部によりますが増えてきています。民間ですので、費用などは少し高くなるようです。次にベビーシッターや地域サポーターの登録されているところに尋ねてみるのも手です。なかなか小学校低学年では難しいですが、学習塾やスポーツクラブへ通わせている事で学童保育と似せている保護者もいます。同じ目的の同じ活動をする友達もできるので安心できるのでしょう。
| 日記

学童保育の現状

 この不況下で小さな子どもを育てながら働くという局面にいて、充分に働けるようにするためには、子どもが仕事に変えるまで充分な安全と保育を受けられるかどうかですよね。普通に考えたら、小学校が終わって下校する時間に親がきちんと迎えにいくという事はなかなか出来ません。小学校の低学年の授業時間はかなり早くに終了するため、親も仕事をパートなどの制限をしたり、日勤が充分に出来ないので、働けないなどで困ることがいっぱいなのです。
 共働きよりもシングルペアレントとなれば、めいっぱい仕事をしなければ自分も子どもも満足に生活をすることが出来ないでしょう。こんな状況で大事な子どもを預けたくても全国では小学校の数に比べて、学童保育の数は7割あるかないかです。もっと地域的に考えたら、市町村の中に学童保育が全くないところも1割以上もあるということです。
 学童保育に入所している子どもは全国で約74万人ほどあるそうです。4年前に比べて3倍以上の数に上っているそうです。これからも年々増えていく一方で、定員のない学童保育でも待機児童がかなりあるそうです。それは定員がなくとも、児童に対応する職員が圧倒的に足らないからでしょう。その問題を解決するがために民間やNPO法人なども立ち上がって、アルバイトや正社員などの求人を広く求めたりしているそうです。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。